忍者ブログ

期間限定岩男の文サイト。女性向のため苦手な方はご遠慮ください。
07 2018/08 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 09

08.14.23:14

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 08/14/23:14

02.14.22:06

あまくとける惑星

バレンタイン文です!
ということで、星銀河です。旋回兄さんが出張ってます。


 



「あーもう!なんっで…うわっすみませ…私がこんなっ…痛い!人多っ!!」
「つべこべ言うな!あっ、それ一つ!」

見渡せば人、人、人。というか女性。
そして見かけるピンクやら赤やらの色。

「知ってますよ!あれでしょ!?女性の一大イベント!バレンタインですよねっ押さないで前詰まってますから!」
「わかってんなら…ちょ、先に頼んだのこっちだぞ…いいだろ!」
只今、滅多に来られないデパートで人波に揉まれています。

人以外にもお使いを頼まれたであろうロボットもいる。ロボットも人も求めるものはひとつ、チョコレート。
自分ももちろんその中の一人と化している。

「べつに私チョコレートいらないんですけど!!」
場違いな叫びは人混みでいとも簡単に消されてしまった。


「よし…これで十分…」
「さいですか…」
人混みのない所へ移動すると、ボロボロになりながらも両手にチョコレートを持つ兄弟がいた。その顔は達成感に満ちていた。
「てかジャイロ…これ、誰に渡すんですか…?」
「まずこの限定チョコレートはエアー先輩だろ!」
嬉々とした声で言う兄をあっそうとあしらいつつ、他のチョコにも目が行く。
「他は?」
「えええ…ほら、あれだよあれ…。」
「あれでは解りませんから。」
言いにくそうに目を反らす兄。早く言えよと見つめるこちらから逃げんと、うーやらあーやら唸っている。
「言わなきゃ今すぐ帰りますよ私。」
「…の…」
「え?」
「ほら、この前の緑と…追っかけ回してくるやつ…」
「へえ!!」
ジャイロがエアー先輩にチョコを渡すのは承知のことだけれど、これは初耳だった。緑と言えばDRNのトルネードマンとSRNのジュピターだろう。
「えー、その2機嫌いとか言ってなかったっけ?」
「もちろん嫌いだ!でもまあ…これも何かの縁だし、恩売っておいて損はないだろ?まあ渡すときは投げつけるけどな!それはもう思いっきり!!」
あとタバスコかける!と変に力を入れる兄は、なんか変わったように感じる。普段一緒に居ないから尚更そう思うかもしれない。

「お前いっつも宇宙いるからな、たまにはこうやって季節イベントに巻き込ませようと思って。どうせ明日また宇宙だし。」
「気持ちはうれしいけど、今回はありがた迷惑って感じかな?」
「もう一回人混みに放り投げるぞ!」
やですー!と言ってふっと見た場所、そこに、心を奪われる。
「…あれ…」
「ん?どうしたスター。」
「ちょっと待ってて、すみません、それ!!」



宇宙は地球のお祭り騒ぎなどお構いなしに今日も静か。
きっと彼は変わらず宇宙に縛られているはず。
「ただいま!」
ただ、ただ広い宇宙にぽつりといるロボットに、無重力間ながら極力急いで近寄る。
「スター…?お休みだった…?」
「ごめんね、一回戻ってこいって言われちゃって。」
「えっと、…休みがちょっと。」
「まあこき使われているから!」
「大変…」
「ん?大丈夫だよ!ギャラクシーにも会えるから!」
「そうなの…?」
まだ起動したての彼、ギャラクシーマンは未熟なまま宇宙に放り出されたようだった。だから未だ感情のコントロールが難しいようで、表現もあまり上手にできない。きっと彼は休みが短いことに驚いているんだと思う。こちらをいつも心配してくれる、優しい子。
そして、こちらの気持ちを受けとるのもまだ遠い。

「ギャラクシーに渡したいものがあるんだ。」
「なに?」
後ろに隠し持っていた包みを開ければ。
「わ…!」
「綺麗でしょ?昨日見つけたんだ!」
「小さい地球!水星も、木星も、土星も…!」
「水金地火木土それぞれの柄のチョコレートだよ。」
箱から顔を出したチョコレートは宇宙に触れてふわりと飛び出す。
「すごい、きれい…」
真っ先に遠くへと出る地球を掴み、あとは箱に納める。
「はい、ハッピーバレンタイン!」
「バレンタイン?」
「今日は大切な人に気持ちを伝える日だよ。これからもよろしくね、ギャラクシー!!」
「僕、なにも用意なくて…」
「気にしないで、バレンタイン知ったの今日でしょ?さ、チョコレート食べよう!口開けて!」
捕まえた地球を大切な相手の口へ、無重力に頼んでふわりと投げる。起動に乗ってそのゴールへと届けば、欲しかった言葉が戻ってくる。
「…おいしい!」

チョコレートもバレンタインもはじめてなんだ、僕。と微笑む君のメモリーに、自分も共に刻まれていれば良いと思う。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Qだれ(ry
Aおれ(ry
星銀河です。銀河起動すぐなので言葉がたどたどしい感じです。言いたいことが上手く表現できていないです。
チョコの元ネタですが、ア.ス.ト.ロ.ノ.ミ.ーのギャラクシーっていうチョコです。バレンタインにチョコなんて買わないしwwスタンスな自分がみごとに釣られた恐るべきチョコです。でも、一回気になって後日買いに行ったら6個入りがなくて!3個入りで泣く泣く我慢するも諦めきれずにデパートやらスーパーやら探し回ったものの、やっぱり3個入りしかないっていう…!!悔しかった…!!
オ.リ.ン.ポ.スっていう惑星のチョコもあったんですが、うーん、ギャラクシーの方が個人的には好きでしたね。

では、ハッピーバレンタインです!!

拍手[2回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら