忍者ブログ

期間限定岩男の文サイト。女性向のため苦手な方はご遠慮ください。
07 2018/08 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 09

08.14.23:14

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 08/14/23:14

02.07.22:48

鬼畜から逃亡中!中編

鬼ごっこ激しく延長しておりますがお付き合いください!!

*会話文注意です!
 



鋼「とりあえずある程度は捕獲した。」
影「只今小休止中でござる。さっきから走りっぱなしで…。」
陰「鬼畜だなんだと叫ばれてましたが、一応こちら3人ですしね…武器偏ってますし。」
鋼「任務ならばこんな時間作れないが、まあ、遊びでもあるしな。今後の行動を話し合いがてら一服だ。」
陰「他の皆さん遊びレベルの恐れようではなかったですけどね。」

影「ではダイジェストでござる。今のところ…セカンズは流石、あまり捕獲されていないようでござる。」
鋼「さすが弟たち!優秀すぎてお兄ちゃん嬉しい!」
陰「(このブラコン具合のせいで全く掴めないキャラなんですよねぇこの先輩…。)」

影「サーズは…ひどかったでござる…」
陰「ジェミニ先輩とスネーク先輩が『シャドー対策!』とか叫びながらタップ先輩を特攻させたときは正直驚きました。」
鋼「流石の俺もタップに同情した。泣いてたなあいつ。」
陰「後ろの2機も半泣きでしたよ。」
鋼「その後怒ったタップがジェミニをボコボコにして。」
陰「その後ボロボロになったジェミニ先輩をシャドー先輩がどこかに連れていくという…。タップ先輩の回し蹴りは綺麗でした。」
影「ハードに至ってはほぼ無抵抗でござる。ただ、ハードナックルを躊躇いなく拙者に向けたときは凹んだでござるよ…。」
鋼「日頃の鬱憤だろ。」
陰「ハード先輩にシャドーが迷惑かけてすまんと言われました。素敵なお兄さんですね。」
影「シェードはシェードでスパークと仲良くなって只でさえボロボロなフリーズをさらに電気攻めして楽しんでいたでござる。最低すぎる。」
陰「…いいじゃないですか!」
影「あと…ニードルに詰め寄るメタル殿がマジで怖かったでござる。」
鋼「今度緑のゴキブリの前で俺とエアーの息子だと言う約束になった。この約束を取り付けるのが今回の目的の一つでもあったからな!」
影「あの追っかけるメタル殿の目が本気で此方まで怖かった…!」
陰「逃げるニードル先輩涙越えて震えてましたからね…。」

鋼「セブンスは…全員か?」
陰「いえ、ターボがまだです。」
鋼「多分…まあ捕まえるさ。さて、体力も回復した。残りも捕まえるぞ。…俺は空に用がある。」
影「御武運を。…シェード、共同戦線は如何でござるか?」
陰「わかりました。恩を売っておきます。」影「嫌な言い方をする…。」

~*~
鋼「…エアーから誘ってくれるとは思わなかったな。」
空気「…。」
鋼「お兄ちゃんに甘えてもいいよ!」
空気「…。確かに、俺はメタルを敬っている。が!たまに、いやしょっちゅうやりすぎだ!成敗する!」
鋼「やだっ…エアーがデレたっ…尊敬してるとか…!」
空気「鼻オイル拭けぇぇぇぇ!!」
鋼「…ふぅ。今回の目的はたくさんあるんだよ、エアー。でも一番優先は…弟を可愛がること。」
空気「(絶対良からぬこと考えている…!)」
鋼「おいで、エアー。全力で愛してやる!!」
空気「成敗!エアーシューっ…ぐっ…。」

鋼「スラッシュ捕獲したとき剪定した枝。持ってきておいて正解だったな。…苦しいか?任せろ、お兄ちゃんが葉っぱとってあげる!!!」
空気「だっ…れのせいで…!」
鋼「最近はコミュニケーション不足だったしな、ゆっくり…」
空気「この…変態め…!」

鋼「弟に言われれば誉め言葉だ!!」


空気「く、くるなぁぁぁぁぁぁぁ!」

エアーマン、脱落ー

~*~
蛇「(タップいなくなったのはまずかった…!でもこっちだって隠密のブライドがあるわけで…!!この先5mを左すぐはロボットの感知なし…!)よっ……」

影「スネーク殿ぉぉぉ~~拙者の胸へ!!かもんっ☆」
蛇「え、えぇぇぇぇぇぇぇぇ!!?」
影「さあ、いざぶ!」
蛇「なんで!?どうなってる!?確かに感知しなかった、なのになんで一番会いたくない奴が!?」
影「ナイスストレート…!逃げられるか…だが、スネーク殿、逃げられないでござるよ…!」
蛇「(なにか元凶があるはず…!サーチスネークの様子が…おかしい!!)」
影「おお!サーチスネーク達に好かれたでござるー!」
蛇「あっ…り得ない…だろ!?どうなって…」

影「ところで、スネーク殿。ちょっと頭痛してきたのでは?」
蛇「うっせ…」

陰「そろそろネタばらししても?」
影「出てくるなと言ったのに…」
蛇「お前!セブンスの鬼畜……あぁもう…そういうことかよ…!」
陰「流石先輩ですね。すぐお気付きになるとは…。私の電波で察知能力をちょっと弄らせて頂きました。逃げているつもりで先輩はシャドー先輩の元へ自ら向かっていたのですよ。」
蛇「お前と相性すげぇ悪いな…!」
陰「任務で組めないほどですから。」

蛇「せめてもの慈悲でシェードに捕まる…!」
影「それは赦されない。嫉妬してしまうではござらんか…!」
陰「では邪魔者は去りますね。」

影「据え膳以下略!」

蛇「う、あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」


スネークマン、脱落ー
 

to be continue
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
中盤戦です。結構色々省略したような気がします…!!
ジェミニはシャドーがさらっと頂きました。タップはきっと鬼畜たちから慰められたはず。
ハードがシャドーに攻撃した理由は、メタル→先輩、シェード→見慣れない人に攻撃するのは失礼、という判断からです。
やっぱり、怯える描写は書いていて楽しくなってきますね!!スネークドンマイ!!

次で終わりです!!

拍手[2回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら