忍者ブログ

期間限定岩男の文サイト。女性向のため苦手な方はご遠慮ください。
07 2018/08 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 09

08.14.23:12

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 08/14/23:12

02.05.00:19

鬼畜から逃亡中!前編

昨日の続き、ここからスタートです。
会話文です、お気を付けください。



凍「今年の節分は先輩と一緒に迎えるはずだったのに…恵方巻きを食べる先輩をデータに焼き付ける大事な仕事があったというのにっ…!」

斬「フリーズ!助けて!!」
凍「…お前森行けばいいだろ…」
斬「はっ…!そうか!」

陰「おや、スラッシュとフリーズが組むとは珍しい。」
斬「ぎゃあぁぁぁぁぁぁぁ!」
凍「(こいつどんだけトラウマ植え付けられてんだよ…)スラッシュ。」
斬「なんだっ?」
凍「私には大切な仕事があるんだ。先輩を(ry」
斬「きめぇ!!犯罪だ!」
凍「そう言われて罪悪感も消えた。フリーズクラッカー!」
斬「うぁっ!!」

凍「俺の犠牲となれ、スラッシュ。じゃあな。」
斬「こ、んの…裏切りものぉぉぉぉぉぉ!!」

陰「…はぁ。」
凍「なんでこっちに…!?」
陰「わかってない。貴殿方私のことをわかってないでしょう。仮にも同じセブンスと言うのに。私は悲しいですよ…」
斬「(なにこれ助かるフラグ…!?)」
陰「こんっな虫の息の獲物を捕まえても楽しくないでしょう!むしろ私がそんなくだらない、つまらないことで満足するとでもお考えですか!あり得ないでしょう!?元気な獲物を!じわじわと追い詰めることこそ美学!それでこそハンターです、そうでしょう!?」
斬「最低だけど助かったことはわかった!」
凍「そうだったな、お前はそういう鬼畜野郎だったな!」
陰「嫌ですよショタコンには言われたくない。」

鋼「シェード、どけ」
凍「(メタル…ブレードっ…!)」
陰「目が怖いですよ。メタル先輩。」
鋼「シャドーとどっちのブレードが強いか言い合いになってな。」
影「今から調べることにしたんでござる!ルールは簡単!…フリーズを先に倒した方が勝ち。」
凍「(おわっ…た…!)」
陰「ご愁傷さま、フリーズ。」

凍「うわぁぁぁぁぁぁぁ!」

フリーズマン、脱落ー

~*~
斬「とりあえず助かった…早く逃げないと、まじこわい耐えられない…森に帰る…」

陰「フリーズ…見捨てるわりには中々のアドバイスを遺してやっていたのですね。」
影「森でごさるかぁ。流石の拙者でもあの速度には順応できないでござるよ。動きがトリッキーすぎる。」
鋼「なら行動範囲を狭めてやればいい。」
影「…ウッド殿が悲しまれるでござるよー!」
鋼「剪定程度だ。ウッドは悲しません!かわいいかわいい弟だからな!!」
陰「(ブラコン…)」
鋼「行くぞ、手伝えシャドー。」
影「御意!」

斬「ここなら隠れ…!!いや駄目だ…きた…!」

影「いい具合に枝だけ切ったでござる。注文は中々難しいものでござった。」
鋼「シェード、とっとと捕獲しろ。」
陰「これだけ見やすいとやり放題です。ありがとうございます先輩方。さて、スラッシュを探してきます。」
斬「(大丈夫、まだバレてない…まだ…!ちょ、動けない…!)」
影「即席で作ったトラップの割りには効果が絶大とは!拙者今すごく忍者っぽい!!」

陰「そこに居ましたか、スラッシュ。」
斬「来んな…!」
陰「先ほどの怪我が治ったようでなによりです。いい場所にE缶があったでしょう。…あれ、ウイルス入りなんですよ。」
斬「さいっ…てい…」
陰「その場にあるものを考えなしに摂取するからです。さて、スラッシュ…遊びましょうか。」
 
斬「い、いやだぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

スラッシュマン、脱落ー

~*~
陰「スラッシュも無事ぐったり牢屋に搬送されたし…森の奥にも誰かいますね…ついでに捕まえますか。」
 
陰「誰ですか、居るのは解っています。」
木「君は…シェード…?」
陰「(おお、深窓の君だったか…)ウッド先輩、ですね?」
木「ど、どうしてっ…」
陰「大丈夫です、何もしません(そんな恐がられたら逆に手を出しにくい…!)」
木「…本当?よかった…」
陰「(すぐ信じるとは、純粋すぎる…)一応、見つけたと言うことでバブル先輩の部屋に行っていただきますが…。」
木「わかった。じゃあ、行くね。」
陰「道中お気をつけて。」
木「シェードも頑張ってね、…敵応援するのも何だけど、ハンター役も大変そうだし。メタル兄さんとシャドーをよろしくね?」
陰「は、はい…(笑顔…!)」

鋼「弟に手を出したらスクラップ…!」
影「ウッド殿には触らせん…!」
陰「そういう気は起こしていません!!あれくらい純粋だと手は出せないでしょう!」

鋼「ウッドは本当、かわいい…!」
影「ウッド殿はかなりの癒しでござる。」
陰「(その気持ちよくわかった…二機がウッド先輩を外に出したがらない理由もよくわかった…!)」

ウッドマン、脱落―
 
…to be continue
―ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
テンションあげて書き綴っていたら思いのほか長くなってしまったのでちょっと切ります!
この三人…本当に鬼畜ですね!こちらが清々しくなるほど鬼畜ですね!
まだ毒牙にかかっていないのがたくさんいますので、また明日にでも…!!
フリーズの冷酷で(ryが書けてうれしかったです。

まとめ、ウッドは森の妖精さんです。

拍手[2回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら